スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚ファンのアドレス、阪急電鉄が誤送信(読売新聞)

 阪急電鉄は22日、運営する宝塚歌劇の公式ファンクラブ「宝塚友の会」(約7万人)の会員への告知メールで、誤って会員60人分のメールアドレスを別の会員49人に送信した、と発表した。

 住所や氏名などの個人情報は含まれていなかった。

 担当者が19日、メール本文中にアドレスを複写した状態で送信。直後に気付き、メールの削除を依頼したという。同社広報部は「確認を徹底して再発防止に努めたい」としている。

小沢幹事長進退が再浮上か 長崎と町田で民主系候補惨敗(J-CASTニュース)
自動車用電線でカルテルか=矢崎総業などに立ち入り-公取委(時事通信)
首相の公邸改修費用、締めて470万円(読売新聞)
車上荒らしに警察手帳盗まれる 千葉県警巡査長(産経新聞)
知人女性を殺害、財布など奪う=強盗殺人容疑で男逮捕-大阪府警(時事通信)
スポンサーサイト

春一番 関東、西日本などで観測 全国で5月並みの陽気(毎日新聞)

 移動性高気圧と南から暖かい風が入り込んだ影響で、日本列島は25日も各地で気温が20度を超え、5月上旬~下旬並みの陽気となった。気象庁によると、奈良市と堺市で23.9度となるなど、152地点で最高気温が2月の観測史上最高を記録。関東や西日本の広い範囲で「春一番」が観測された。東京湾周辺では同日朝に濃霧が発生し、羽田空港(東京都大田区)発着の日本航空と全日本空輸で計144便が欠航するなど、約3万2000人に影響が出た。

【特集】25日も暖かい 全国の天気

 気象庁によると、2月の最高気温を記録したのは他に▽香川県三豊市23.5度▽石川県かほく市23.2度▽島根県出雲市22.8度▽岡山県倉敷市、富山市22.5度▽新潟県胎内市22.1度▽岩手県岩泉町20.5度▽秋田市19.8度▽青森県八戸市19.0度▽北海道増毛町15.0度--などで、平年を10度以上、上回った。東京都心は平年より7.8度高い18.3度だった。

 春一番は立春から春分の間の気温が上がった日に吹く、風速8~10メートル程度以上の南寄りの風。25日は関東、中国、四国、九州北部の各地方で観測された。いずれも昨年より12日遅い。同日の最大瞬間風速は▽愛媛県伊方町26.7メートル▽山口県萩市22.6メートル▽長崎県対馬市22.5メートル▽島根県・石見空港22.1メートル▽福岡市18.6メートル▽東京都心14.4メートル--など。

 東京湾周辺の濃霧は、暖かく湿った空気(暖湿気)が海水面で冷やされて発生した「移流霧(いりゅうぎり)」。移動性高気圧が日本の東海上に移動した影響で、南から暖湿気が関東に流れ込み、冷たい東京湾に触れて水滴となった。東京航空地方気象台によると、羽田空港の視界は一時100メートル程度まで悪化したが、これは06年4月12日以来だという。

 26日は前線を伴った低気圧の影響で、全国的に雨となる見込み。【福永方人、馬場直子】

【関連ニュース】
【特集】夜になっても気温は高め アメダス全国の気温
【特集】春はもうすぐ さくら情報
春一番:九州南部に 宮崎市で23.5度、今冬一の暖かさ /宮崎
【特集】写真でみる各地のさくら便り

艦載機の岩国移設は「変更なし」北沢防衛相が地元に説明(産経新聞)
両陛下の公務日程、官報に誤掲載=国立印刷局のミスで-宮内庁発表(時事通信)
紆余曲折の「もんじゅ」をめぐる経過(産経新聞)
【党首討論】実母資金提供「誠に申し訳ない」と首相謝罪(産経新聞)
業務ない98医療法人、都が認可を取り消し(産経新聞)

雑記帳 「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)

 「2(ふー)」が三つ並ぶ2月22日は「ふーふーふー」と息を吹きかけて食べる「おでんの日」。新潟の市民グループが日本記念日協会に登録し、この日、新潟おでんを売り出そうと「越乃おでん会」を結成した。

 披露された新潟おでんは佐渡産の焼きあごを使った特製だし汁に、南蛮エビしんじょう、地鶏のつくね、絹揚げなど、海の幸、山の幸に恵まれた新潟の特産品を盛り込んだ7品で構成。

 おでんといえば、練り物の本場・神奈川県小田原市などが有名だが「日本一を決めよう」と11年のおでんの日に新潟で味比べをすることに。ふーふー(夫婦)のように円満な解決となるか。【黒田阿紗子】

【関連ニュース】
異物混入:おでんパックにカッターの刃 埼玉のスーパーで
偽計業務妨害:おでんパックにカッターの刃--埼玉のスーパー
しぞ~かおでんフェア:全国のおでん味わって 50店が出店 静岡、あすまで /静岡
おでんde電車:大好評 予約殺到、連日運行へ--京阪・石山坂本線 /滋賀
針混入:スーパーで購入のおでんから見つかる--千葉 /千葉

児童13人が異臭で病院搬送=全員軽症、ストーブが原因か-埼玉(時事通信)
道路整備保全公社 上乗せ「利益」納付も 「調査に基づき判断」(産経新聞)
<衆院予算委>後期高齢者医療で上げ幅抑制を示唆 厚労相(毎日新聞)
<無理心中>水頭症の長女を絞殺し父自殺か 愛知・小牧(毎日新聞)
乱気流 成田行きUA機巻き込まれ20人けが(毎日新聞)

寄付金「運営資金に使った」=記念館建設予定の黒澤明財団-佐賀(時事通信)

 佐賀県伊万里市に「黒澤明記念館」の建設を計画している財団法人「黒澤明文化振興財団」(同市)が、集めた寄付金約3億8800万円を決算報告書に記載していなかった問題で、黒澤久雄同財団理事長は19日、伊万里市議会の全員協議会で「寄付金は運営資金に使った」と明らかにした。財団側はこれまで市などに「寄付金は保管している」と説明していた。
 黒澤理事長はこれまでの虚偽説明を認めた上で「責任を痛感している」とし、記念館建設を目指して活動を続ける方針を改めて強調した。全員協議会後の記者会見でも「何も悪いことはしていない。だましたつもりはない」と話した。 

高速増殖炉「もんじゅ」運転再開 実用化は順調でも2050年(J-CASTニュース)
<網走監獄>設立30周年でリニューアル 展示物を一新(毎日新聞)
<普天間移設>「5月末」なら県内移設が軸 国民新・下地氏(毎日新聞)
小沢氏“宿敵”と決戦 参院・島根に著名人擁立 「青木氏、役割終わった」(産経新聞)
【新・関西笑談】ワイナリーのジャンヌ・ダルク(3)(産経新聞)

<ひき逃げ>道路に引きずられた跡 大阪で男性死亡(毎日新聞)

 22日午前1時半ごろ、大阪府池田市栄本町6の市道で「男性が倒れている」と、通行人から110番通報があった。男性は頭などから血を流し、病院に運ばれたが、間もなく死亡した。頭などを強く打っており、道路に引きずられたような跡があることから、府警池田署はひき逃げ事件とみて調べるとともに、男性の身元確認を急いでいる。

 池田署によると、男性は70歳ぐらいで、黒いジャンパーにズボン姿。現場は一方通行の直線。【山口朋辰】

民主の消費税議論「公約破綻を自白」谷垣氏批判(読売新聞)
勇猛な男衆、六郷の「竹うち」=秋田県美郷町〔地域〕(時事通信)
「障がい者総合福祉法」の議論スタート―改革推進会議(医療介護CBニュース)
<民主党>政調組織「復活しない」…小沢幹事長(毎日新聞)
就職不安に付け込み不当契約=英会話会社に業務停止命令-消費者庁(時事通信)

ガソリン盗容疑で少年ら逮捕 「金はないけどドライブしたい」 警視庁(産経新聞)

 駐車中の車からガソリンを盗んだとして、警視庁少年事件課と綾瀬署は、窃盗の疑いで、いずれも東京都足立区に住む18歳と16歳の無職少年を逮捕した。同課によると2人は「昨年11月以降、ガソリン盗を約20件やった。ガソリンを買う金はないが、ドライブには行きたかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、昨年11月27日夜、同区梅田の駐車場に止めた運送業の男性(69)の軽トラックから、ガソリン約5.15リットル(販売価格613円相当)を盗んだとしている。

 同課によると、2人は金属製の棒を使って車の給油口を開けた後、長さ約1.5メートルのホースを接続した家庭用ポンプを使ってガソリンを吸い出していた。盗んだガソリンはペットボトルに入れて、18歳の少年が使う乗用車に移していたという。2人はドライブに行くたびに、他の少年らとともにガソリン盗を繰り返しており、前日にも同じ軽トラックから約14リットルのガソリンを盗んでいた。

 昨年12月には、区内に駐車中の大型トラックから同様の手口で燃料を抜き取ったが、中身が軽油だったため乗用車がエンジントラブルを起こし、近くの駐車場に放置したままになっていたという。

【関連記事】
パチンコ店で2500万円盗む 容疑の男3人逮捕
電動自転車で物色? 窃盗容疑で75歳男を逮捕
バイク盗み携帯オークションで転売 容疑の男10人を摘発 大阪府警
290万円相当の貴金属盗む 無職男逮捕 東京・上野
タイヤ盗んだ容疑で茨城の少年ら8人を逮捕 埼玉県警

アパート火災、子供2人死亡=身元確認急ぐ-東京・練馬(時事通信)
首相「私は投げ出さない」 石井氏が講演で明らかに(産経新聞)
<架空請求>ご注意 経産省名乗り被害者に(毎日新聞)
毎日記者らの賠償確定 連載記事で名誉棄損(産経新聞)
鳩山首相 エストニア首相と会談 把瑠都関の活躍に祝意(毎日新聞)

グアム移設に全力=社民・福島氏(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は12日午前の閣議後の記者会見で、米領グアムのカマチョ知事が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れに難色を示したことについて、「今後頑張って粘り強くやっていきたい。グアム移転で社民としては全力を挙げる」と述べ、グアム移設を引き続き模索する考えを強調した。 

「供述調書は検事の作文」=元局長公判で団体元会員-大阪地裁(時事通信)
首相63歳に、和田アキ子さんらと誕生会(読売新聞)
【Web】ポスペがツイッターに対応 「PostPetNow」(産経新聞)
【科学】「味覚」の要素を数値化、分析できるセンサー開発 九大大学院の都甲教授(産経新聞)
消費税「常時議論を」=仙谷担当相(時事通信)

高円寺駅の救出劇、勇気の会社員「奇跡と実感」(読売新聞)

 東京消防庁は17日、東京都杉並区のJR高円寺駅で15日夜、ホームから転落した女性(20)を助けた昭島市の会社員佐藤弘樹さん(24)に感謝状を贈り、勇気ある行動をたたえた。

 この日午前11時過ぎ、杉並消防署を訪れた佐藤さんは、荻原光司署長から感謝状を手渡されると、「2日たって、本当に2人とも助かったのは奇跡だったと実感しています」「ブレーキを踏んでくれた運転士の方にも感謝したい」と改めて安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 佐藤さんは15日夜、同駅に停車中の電車内で反対のホームから女性が転落したのを見て、とっさに線路に飛び降り、女性の体をレールとレールの間の枕木部分に寝かせ、間一髪で女性を救った。大学時代、ラグビーをしていた経験から、頭を打った後に女性を動かすと危険だと判断したという。

 佐藤さんにはJR東日本も16日、感謝状を贈った。

48歳男、17日に再逮捕=強盗殺人や死体損壊など4容疑で-千葉大生殺害(時事通信)
「全く存じ上げない」=北海道教組の資金提供-小林議員(時事通信)
<お別れの会>宮沢健一さん=元一橋大学長・1月9日死去(毎日新聞)
<東北大>学長の過去の論文に不正…教授らが告発文書(毎日新聞)
野口さん、シャトル出迎え=エンデバー、宇宙基地に到着(時事通信)

10年度改定「現場にはプラスにならない可能性」―東京歯科保険医協会(医療介護CBニュース)

 東京歯科保険医協会は2月17日に開いたメディア懇談会で、4月の診療報酬改定について「現場には、さほどプラスにならない可能性がある」とした南條芳久政策委員長の談話を発表した。

 談話では、4月から歯科の診療報酬が2.09%引き上げられる点について、「月5万円程度(東京の歯科保険医の平均)の引き上げでは『歯科1年分の収入が外科1か月分にも及ばない』(社会保障審議会の水田祥代委員)と指摘された状況は、改善されない」としている。
 また、訪問診療や病院歯科には、それなりの手当てがされたとしながらも、「まだまだ不十分」と指摘。さらに、▽初診料引き上げにこだわるあまり、その他の項目は従来の枠内操作が目立つ▽麻酔など、長期にわたって据え置かれた項目は少しずつ引き上げられたが、その上げ幅は0.098%にすぎない▽導入された歯科技工加算も、歯科医師が即日修理を行うことが多い東京では活用できない―などと指摘した上で、「このままでは歯科医院の倒産に歯止めをかけられない」としている。

■「600億円の財源を張り付けたとは思えない内容」―中川会長
 懇談会の席上、中川勝洋会長は「600億円の財源を張り付けたは思えない内容。今後も患者・国民に適切な医療が提供できるよう、粘り強く働き掛けていく」と語った。


【関連記事】
歯科改定率、「合格点じゃない」―東京歯科保険医協会
歯科診療報酬の大幅引き上げを-東京歯科保険医協会が決議
歯科医療費、「上がったという感覚ない」-東京歯科保険医協会
都内の保険歯科医院、1日1軒ペースで廃業
歯科の海外技工物調査で中間報告

消費税論議に慎重=景気への影響懸念-平野官房長官(時事通信)
<プリウス・リコール>トヨタ系販社、休日返上で顧客対応(毎日新聞)
<マイケル財団>日本企業を提訴 肖像権使用問題(毎日新聞)
国の防災指揮拠点、関西は大阪府庁のある「大手前」に(産経新聞)
<歴史共同研究>政権に影響、中国側懸念「戦後史は非公表」(毎日新聞)

理学部入試で出題ミス=立教大(時事通信)

 立教大(東京都豊島区)は15日、9日に実施した理学部の入試で「化学」の問題に誤りがあったと発表した。正しい文章を選ぶ設問で、五つあった選択肢のうち二つで物質名を間違って表記していたことが分かり、化学を受験した1243人全員を正解とした。
 同大入試センターによると、ミスは学内の事後点検で発覚。各科目の得点は偏差値を用いて算出するため、ほかの選択科目との間で不公平は生じないという。合格発表は19日に行う。 

鯨肉窃盗、無罪を主張=グリーンピース2人初公判-青森地裁(時事通信)
香港捜査員、銀座の現場に=侵入口など確認-高級時計窃盗(時事通信)
交通事故 米子自動車道で正面衝突…3人死亡、4人重傷(毎日新聞)
<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける(毎日新聞)
旧軍人・軍属の遺骨219柱、韓国に返還へ(読売新聞)

<マンション計画>芦屋市が不認定 景観地区指定自治体で初(毎日新聞)

 市内全域を景観法(05年施行)に基づく景観地区に指定している兵庫県芦屋市は、三井不動産レジデンシャル(東京都中央区)が市内の住宅地に予定する5階建てマンション建設計画について「規模が大きく、周辺の環境にそぐわない」として不認定とした。国土交通省によると、景観地区は京都市や神奈川県鎌倉市など全国に28地区あるが、自治体が建設計画を不認定としたのは初めてという。

 マンションは芦屋市大原町の一戸建て住宅が建ち並ぶ地域の土地(1173平方メートル)に計画され、高さ約15メートル、延べ面積3667平方メートル。

 景観法は、景観地区に指定されたエリアで建築物を新築したり、色彩を変更する場合、自治体の認定が必要と定めている。

 今回の計画に対しては今月5日、学識者らによる市景観認定審査会が「一戸建て住宅の並ぶ周辺の景観に反する」などとして「不認定とすべきだ」と答申。市も同様の理由で不認定を決めた。建設するには計画を修正して再申請する必要がある。

 市は「景観法というソフト重視の法律のおかげで住宅都市としての魅力を引き継げる」と強調した。一方、同社は「引き続き市と協議していく」とコメントした。【小坂剛志】

【関連ニュース】
新築マンション:発売戸数16.8%減…09年・首都圏
首都圏マンション:新築発売戸数16%減--09年
役立つ住宅情報:三菱地所・オリックス不動産「パークハウス代々木参宮橋」
マンション発売戸数:昨年13%減--近畿圏
「播半」跡地マンション建設:4社の水路使用料、西宮市に請求命令 /兵庫

香港捜査員、銀座の現場に=侵入口など確認-高級時計窃盗(時事通信)
<クレーン車>バスに追突、アームが窓ガラス破り7人軽傷(毎日新聞)
都職員、酒酔い運転で逮捕=埼玉県警(時事通信)
<水俣市長選>宮本勝彬氏が再選 熊本(毎日新聞)
<横浜事件>刑事補償決定が確定(毎日新聞)

「全国最少人口」南アルプス・早川町においでよ! 町民“お手製”公式ガイドが反響(産経新聞)

 南アルプスの山懐に抱かれた山梨県早川町の風土や文化、歴史、観光スポットなどを紹介する「早川フィールドミュージアム公式ガイドブック」(全12冊)が完成した。全国の町で最少という1366人(1月1日現在)の人口のうち、100人以上の町民が編集や制作に携わった。イラストから文章執筆まで郷土愛のこもった“お手製”の冊子は町内の観光施設などで販売され、反響を呼んでいる。

 ガイドブックは富士川支流の早川上流域に位置する町の風土、歴史などを博物館、美術館になぞらえ、町民と観光客が価値を再発見しようと同町が進める「フィールドミュージアム」構想の一環で作られた。

 町から編集、発行を委託された同町のNPO法人「日本上流文化圏研究所」が町内の6地区ごとに募った制作委員58人が実際に集落を歩いて“お宝”を探して回り、歴史などに詳しい地域の古老らも協力。平成19年秋から2年以上をかけて12冊にまとめた。

 身延山から七面山に向かう参詣客の宿場として栄えた本建地区の赤沢の町並みと旅館、最盛期に100人を超す硯(すずり)職人がいたという硯島地区の「雨畑硯」のほか、明治期まで早川舟運の終着点となった都川地区のつり橋「都橋」など、厳選した195項目をイラストを交えて紹介。町内の旅館や温泉、キャンプ場などで使えるクーポン券も付けた。

 同研究所主任研究員の鞍打(くらうち)大輔さんは「町の魅力が町民の手で一つの記録にまとめられたことが意義深い」と話し、制作に携わった町民からは「地域資源の再発見につながった」「やってよかった」といった感想が聞かれたという。

 また、表紙に「町民が取材した手づくりのガイドブック めたきけし」とあり、鞍打さんに「めたきけし」の意味を尋ねると「たくさん聞きなさい」という甲州弁なんだとか。鞍打さんは「町を歩いて分からないことはどんどん町民に聞いて、早川を楽しんでほしい。観光活性化や、郷土愛をはぐくむツールとして、ガイドブックの積極的な活用を図りたい」と話している。

 A5判で一冊300円。郵送販売も行っている。問い合わせは、同研究所(電)0556・45・2160。

【関連記事】
長野県上田市、アニメで初の町おこし 城下町の歴史、肌で感じて
エヴァンゲリオンで町おこし…箱根に“使徒”襲来?
超リアル! 青森にガンダム出現 赤い彗星も…
映画「おくりびと」の地元、あの手この手で盛り上げ 山形・酒田市
巨大ひな壇に人形3万体 徳島でビッグひな祭り

中華まんに覚せい剤隠し密輸=台湾人の女を逮捕-成田空港(時事通信)
首相動静(2月6日)(時事通信)
<原口総務相>各省の会見内容 行政評価の対象に(毎日新聞)
小沢氏「石川議員、事務的なミス問われている」(読売新聞)
八ツ場ダム建設中止求め声明=千葉県弁護士会(時事通信)

田村参院議員 民主に入党 統一会派、過半数に(毎日新聞)

 自民党を離党した田村耕太郎参院議員(鳥取選挙区)は8日、民主党本部に小沢一郎幹事長を訪ね、同党への入党要請に応じることを伝えた。民主党はこれを受け役員会で田村氏の入党を了承した。政権交代後、自民離党者の民主入党は初めて。今夏の参院選では田村氏を比例代表で擁立する方向で調整する。

 これにより参院(定数242)で民主党が国民新党などと組む統一会派は121議席となり、民主会派を離脱中の江田五月議長を除く過半数に到達。民主会派は社民党の協力がなくても参院での法案可決が可能となった。社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は8日、国会内で記者団に「社民党としては今まで通り生活再建や平和や雇用問題について全力を挙げて頑張っていくだけ」と述べ、連立の枠組みには影響しないとの認識を強調した。

 田村氏は小沢氏との会談後、国会内で記者会見し「できるだけ早く今の経済政策を正していくには、この選択肢しかなかった」と説明した。【近藤大介】

【関連ニュース】
田村参院議員:民主入りへ 昨年、自民離党 小沢氏と会談
自民会派:田村氏ら3氏が離脱
自民党:長谷川参院議員が離党届
自民:初の離党…田村参院議員が届け出 無所属で立候補へ
自民党:田村耕太郎参院議員が離党を表明

上島珈琲、ツイッターで宣伝文を大量送信 2時間で中止(産経新聞)
触った女性は警察官 痴漢の現行犯で会社員逮捕(産経新聞)
<雑記帳>「還暦ジーンズ」を発売 10年間の品質保証付き(毎日新聞)
酒気帯びで自衛官を逮捕=逃走中、車2台に追突-徳島県警(時事通信)
原因分析の責任は評価機構に―産科補償制度(医療介護CBニュース)

宇宙桜を学校・公園に植樹、多摩でプロジェクト(読売新聞)

 宇宙を旅した桜が東京都多摩市に大集合――。

 多摩商工会議所(峯岸松三会頭)は、国際宇宙ステーション(ISS)に保管された桜の種から育てた苗を、市内の学校や公園などに植える「宇宙(そら)桜」育成プロジェクトを始める。

 宇宙桜は14種類。北海道旭川市から沖縄県名護市まで、全国13地域の子どもたちが各地の名木の種を拾い集め、2008年11月から8か月半、ISSの日本実験棟「きぼう」に保管。ISSに長期滞在した宇宙飛行士の若田光一さん(46)とともに地上に戻され、各地に返還された。

 多摩商工会議所は、16年に多摩ニュータウンが開発50周年を迎えることから、桜による街おこしを始めた。「多摩ニュータウンは全国各地から人が移り住んでいるが、これまで各地との交流はなかった。宇宙桜が交流のきっかけになれば」と関係者に打診し、宇宙桜の苗を譲り受ける。

 植樹は、種が十分な大きさの苗に育つ11年11月の予定。市内を日本列島に見立て、北から南まで各地の宇宙桜を植える。宇宙桜にはQRコード入りの案内板をつけ、コードを読み取ってインターネットに接続すれば、その親木や各地の情報サイトを閲覧できる仕組みにする。

衆院選比例選の配分訴訟、東京高裁が請求棄却(読売新聞)
女流名人に17歳・里見香奈さん、2冠に(読売新聞)
トヨタは顧客の視点が欠如している…前原国交相(レスポンス)
窃盗未遂で同乗のブラジル人逮捕=名古屋ひき逃げ-愛知県警(時事通信)
首相、小沢氏の幹事長続投は「この段階で至極自然」(産経新聞)

【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(4)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)

 ■ジャガーと幼子が思い浮かび船移動 帰国後悔しさ募り、再びアマゾンへ。

 --アフリカを踏破されて、次は南米大陸でした

 永瀬 そうですね。まだ行ったことのない所へ行きたいということで、47~48歳にかけていきました。プエルトラクルス(ベネズエラ北岸)からウスアイア(アルゼンチン南端)まで南米大陸を縦断すれば、今までに歩いた距離が赤道一周分4万キロ超えると思っていたんですが、思うようにいきませんでした。

 --どんなアクシデントが待ち受けていましたか

 永瀬 ベネズエラを出発して、ブラジル、アマゾンに入ったんですけど、アマゾンでカレイロという町に着いたときに、町の人から「この先にはオンサがいる。オンサは人を襲う。とても危険だ。1人で歩かない方がいい」と散々忠告を受けたんです。最初、オンサが何だか分からなかったんですが、そのうちに表情とか表現からジャガーのことだと分かりました。

 --また物騒な話です

 永瀬 次の町まで580キロ離れていて、「船で行った方がいい」と言われました。夜、町のホテルに泊まり、迷い迷ってなかなか眠れなくて。「よし、行こう」と思うんだけど、「やっぱりやめとこう」と気持ちが揺れました。旅に出るときに次男が生まれていて、生後11カ月の時でした。大阪空港まで見送りに来てくれたんですが、まだベビーカーに乗せられていて、その幼子の顔が思い浮かび、ジャガーの顔も思い浮かぶし。幼い子が待っていると思うと、この先歩いていく決断がつかず、結局船に乗って、580キロ先の町まで移動したんです。そんなことがあり、地球一周4万キロという距離に届かなかったんです。

 --300キロ余りでした

 永瀬 はい。もうちょっとだったんですけど。それで、沖縄一周をして、とりあえず4万107キロに到達しました。

 --でも、以前のアフリカの場合と同様、永瀬さんは納得されていなかった

 永瀬 そうなんです。旅が終わってから、「あそこ歩かなかった」というのが、悔いとして残っちゃいまして。帰国後も、その気持ちがだんだん強くなっていくもんですから、2年後、子供も2、3歳になったもんですから、「まぁいいか」と思って、またアマゾンへ行ったんです。

 --南米帰国後に衝撃的なこともあったそうですが

 永瀬 次男の話です。生後11カ月の時に南米へ行って、帰ったのが10カ月後ぐらいでした。降り立つと、また家族が大阪空港まで迎えにきてくれていたんですが、久しぶりに会ったら、母親の陰に隠れて、知らないおじさんに会ったみたいな様子。ちょっと話をしてから「じゃ、帰ろうか」と言ったら「バイバイ」と言う。全然父親と思っていなかったみたいです。一緒に家に帰って食事して、布団敷いて寝るから、「この人一体何だろう」と不思議そうに見ていました。

 --忘れられていた?

 永瀬 数日たつうち、一緒にいるのが当たり前になってきた感じですけど。普段一緒に生活していると、「お父さんは嫌いだ」とか、憎まれ口たたいてますが、たまに旅に出て、帰ってくると、エラい歓迎してくれて、「お父さん帰ってきた」などと、留守の間に母親に買ってもらったおもちゃを見せに来たりしてくれる。たまには留守がいいかなと思うんですね。(聞き手 谷田智恒)

【関連記事】
自転車で「世界」走破へ 鳥取・米子の40歳男性
植村冒険館に夢タワー 兵庫・豊岡
新春対談 野口健×早見優
「2011年 宇宙の旅」扉は開かれた
チンギスハンの墓は四川省? 末裔の女性が新証言

防衛省が「友愛ボート」構想 医療支援と文化交流(産経新聞)
報償費「上納」認める=外相、違法性は否定-政府(時事通信)
横浜事件、実質無罪=刑事補償を決定-裁判打ち切りの元被告・地裁(時事通信)
<陸山会事件>小沢氏「有罪の証拠ない」地検が会見(毎日新聞)
警察のエンブレム偽造容疑=ネットで販売、2人逮捕-茨城県警(時事通信)

鳩山首相、梅の花にほっと一息=天満宮使節が表敬(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は5日夕、首相官邸で太宰府天満宮(福岡県太宰府市)の「梅の使節」のみこさんらの表敬を受け、紅白の梅を1鉢ずつと梅干しを贈られた。
 梅の品種名は「思いのまま」。西高辻信良宮司が、毎年違う色の花を咲かせると説明すると、首相は「面白いですね」。国会で連日厳しい追及を受ける首相だが、ここではほっとした表情を浮かべ、「(太宰府には)昔、よく母に連れて行ってもらった」とのエピソードも紹介していた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
石川議員保釈にコメントせず=首相
「沖縄県民の命も大事に」=「命こそ宝」の色紙渡され

全長150メートル… 日光市の雲竜渓谷で「氷の竜」出現(産経新聞)
国公立大倍率、4.4倍=不景気で5年ぶり高水準-文科省(時事通信)
「サンラ・ワールド」捜索=評論家増田俊男氏ら経営-50億集金か、無登録営業容疑(時事通信)
<食べログ>「ゆとりを愉しむ至福のBAR」人気ブロガーがおすすめのバー120軒 9日発売(毎日新聞)
【日本人とこころ】福田恆存と孤独(上)「日本にも天がある」(産経新聞)

銃撃漁船を規則違反で調査=情報空白、区域外操業の疑い-海保(時事通信)

 北方領土の国後島沖で北海道・羅臼漁協所属の漁船2隻がロシア国境警備隊から銃撃を受けた問題で、第1管区海上保安本部(小樽市)が2隻について、道海面漁業調整規則違反(区域外操業)の疑いを視野に調査を進めていることが5日、分かった。
 1管は銃撃があったとみられる時間帯、2隻の漁船位置管理システム(VMS)の記録に4時間半もの空白があったことを疑問視、日ロが合意した安全操業海域の外で漁をしていた可能性があるとみている。
 安全操業海域で操業する場合、知事の許可が必要で、VMSを出港から帰港まで常時作動させることを義務付けられている。 

【関連ニュース】
新たに計8カ所の弾痕=国後沖銃撃-1管
漁船情報の空白4時間半=銃撃時の位置特定できず-1管
漁船位置情報に空白=銃撃時間帯に数時間
ロシア外務省に厳重抗議=漁船銃撃
船体前方に弾痕集中=銃撃受けた漁船2隻-1管

追い抜かれ立腹、信号待ちのトラック運転者殴る(読売新聞)
バルチックカレー運営会社の関係先捜索 無登録で出資金2億集めた疑い(産経新聞)
小沢氏処分、きょう判断=在宅起訴か不起訴か-陸山会虚偽記載事件・東京地検(時事通信)
【中医協】価格付けに「事実上、不関与」-遠藤会長が認識(医療介護CBニュース)
<羽毛恐竜>とさかは赤褐色、羽先は黒 全身の色ほぼ判明(毎日新聞)

小沢氏、会見時間は17分=一方的に打ち切る(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長の1日の定例記者会見は、司会者が小沢氏の次の日程が迫っているとして質問を途中で打ち切ったため、時間はわずか約17分間だった。小沢氏の会見は前回も約20分間で取りやめられた。同氏は「国民に説明すべきことは説明する」としているが、実際の対応との整合性が問われそうだ。
 小沢氏が東京地検による2度目の聴取を受けたことが判明したこともあり、1日の会見開始時間の午後5時には多数の報道関係者が党本部に集まった。
 小沢氏は約5分遅れで会見場に到着。2回目の聴取について約3分間説明した後、質問を受けたが、5問目を終えたところで司会役の細野豪志組織・企業団体委員長が「6時半から神奈川でパーティーがあり、これで終了」と一方的に宣言。小沢氏は「え。終わったの」と挙手する記者を気にするそぶりを見せながらも、そのまま会場を後にした。 

普天間移設 与党視察に戸惑う自治体「負担軽減は理解…」(毎日新聞)
詐取の470万でローン返済か 木嶋容疑者(産経新聞)
<無登録営業容疑>バルチックカレーの会社を捜索 警視庁(毎日新聞)
「振動被害」広隆寺隣接地の庁舎解体 京都市、工事を再開(産経新聞)
小沢一郎氏 幹事長続投を表明 (毎日新聞)

「個人資産」の主張切り崩せず…陸山会事件(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、検察当局は3日、小沢氏の立件を見送る方針を固めた。同会の元事務担当者の石川知裕衆院議員(36)から、政治資金収支報告書の虚偽記入容疑について小沢氏の関与を認める供述を得ながら、検察当局はなぜ、刑事責任追及に至らなかったのか。

 2004年分の陸山会の政治資金収支報告書に、土地代金に充てた4億円の収入を記載しない方針を、土地購入前に小沢氏に報告し、了承を得た――。

 石川容疑者は、昨年末からの任意の事情聴取では小沢氏の関与を否定していたものの、1月15日に同法違反容疑で逮捕された後、関与を認める供述を始めた。この供述は調書化され、小沢氏の刑事責任を追及できるかどうかが、捜査の最大の焦点となった。

 このほかに、小沢氏の関与を裏付ける「状況証拠」があるとの見方もあった。土地代金が支払われた同じ日の04年10月29日、同会は4億円の定期預金を担保に小沢氏名義で融資を受けていた。これは、4億円という多額の簿外資金で不動産を購入したことを隠す目的だった疑いがあり、石川容疑者も「偽装工作だった」と特捜部の調べに認めた。融資の関係書類には、小沢氏本人が署名していた。

 検察内部では、「共謀を裏付けるには十分。逆に起訴できなかったら『捜査当局として何をやっているんだ』という話になる」と、小沢氏の刑事責任の追及に積極的な声が聞かれた。

 その一方で、小沢氏の立件に消極的な意見も根強かった。複数の幹部は、ポイントとなった石川容疑者の供述について、小沢氏からの積極的な指示がないことや、了承の細かい場面がないなどとして、「小沢氏との共謀成立は難しい」との意見を維持していた。こうした消極派は、捜査現場の東京地検ではなく、東京高検や最高検に多かった。

 さらに、小沢氏の刑事責任追及の壁となったのが、土地代金の原資の解明が思うように進まなかったことだ。特捜部は、中堅ゼネコン「水谷建設」の元幹部らが土地購入のあった04年10月、石川容疑者に5000万円の資金提供をしたと供述したことから、土地代金の原資4億円に、ゼネコンからのヤミ献金が含まれているとの見方を強めた。

 水谷建設の元幹部らは、この資金提供について、国土交通省発注の胆沢ダム(岩手県)の工事受注の謝礼だったとも供述。同ダム工事では、小沢事務所が受注業者の選定に影響力を持っていたとされた。特捜部は応援検事も動員して、同ダムの工事を受注した他のゼネコンの担当者からも集中的に事情聴取を行い、資金提供がなかったかどうか調べを進めた。

 しかし、石川容疑者は、水谷建設側からの資金受領を最後まで否定。他のゼネコンからも資金提供の供述は得られなかった。結局、土地代金の原資については、小沢氏側の「個人資産」との主張を切り崩すことはできなかった。

 ある検察幹部は、「10人中9人は有罪を出すかもしれない。しかし、10年後、裁判で万が一無罪が出た時に取り返しがつかない」と本音を漏らした。また別の検察幹部は、「政治家と秘書という『内輪の関係』を崩していくのは難しかった」と振り返った。(社会部 藤田敬太)

162点が銀座被害品と一致=香港で起訴の男ら、直後に出国-警視庁(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>メキシコ大統領夫妻と会見(毎日新聞)
辺野古移設「かなり難しい」=普天間めぐり-沖縄知事(時事通信)
福岡の汚職、副知事室で100万円授受(読売新聞)
菅氏発案「平日にデートができる財務省に」(読売新聞)

企業献金禁止に反対=亀井氏(時事通信)

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相は3日の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長をめぐる政治資金規正法違反事件を受け、同党内で企業・団体献金の禁止を目指す動きが出ていることについて「自分の党の関係者に不始末が起きたからといって、よその党まで巻き込む前に(よく)考えろ」と述べ、企業献金などの禁止に反対する考えを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

【中医協】「リンパ浮腫指導管理料」、外来で再算定が可能に(医療介護CBニュース)
「マネ辞任幕引き」「解雇で訴訟」 朝青龍事件乱れ飛ぶ怪情報(J-CASTニュース)
秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷(産経新聞)
タウンニュース社員が相場操縦 課徴金25万円納付命令勧告(産経新聞)
<横浜事件>元被告の遺族に全額補償 事実上無罪判決 地裁(毎日新聞)

<障害者自立支援給付>新宿区が「65歳以上認めず」の内規(毎日新聞)

 障害者自立支援法で定められた居宅介護などの自立支援給付について、東京都新宿区が昨年10月以降、65歳以上の障害者から新規申請があっても認めないよう内規で定めていたことが分かった。厚生労働省は実態に応じて同給付と介護給付の両方を適用するよう求めており、区は「不適切だった」と認め、2日、措置を撤回した。

 ◇篠沢秀夫名誉教授の申請で発覚…指摘受け撤回

 テレビ番組「クイズダービー」で活躍した篠沢秀夫学習院大名誉教授(76)と妻礼子さん(69)が1月に自立支援給付の申請について相談した際に断られ、内規が発覚した。篠沢名誉教授は昨年2月に進行性の難病「筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症」(ALS)と診断され、既に介護給付を受けていた。

 厚労省の07年の通知などによると、65歳以上の障害者は、介護保険制度のサービスを受けるのが基本だが、介護負担が大きい場合などは、生活の手助けや補装具費補助などの自立支援サービスも受けることができる。

 だが区は昨年10月、「対象者が増えると事務作業などの面で処理しきれなくなる」と自立支援給付の運用ルールを改定していた。

 厚労省障害福祉課は「障害者自立支援法は、自治体は申請があれば面接を行い調査したうえで支給の是非を決めるよう定めている。新宿区の対応は法律違反の可能性もある」と指摘している。

 中山弘子新宿区長は2日、「職員から報告を受けてがくぜんとした。明らかに不適切で間違った対応。即座に改めるよう指示した」と話した。【小泉大士】

【関連ニュース】
新聞労連:毎日新聞の視覚障害者擁護の報道が優秀賞に
記録映画:空襲で負傷し障害…現状告発、東京で試写会
発達障害者:「推進会議」に参加を…支援団体が要請
障害者:政府が定義見直し 「社会の制約」考慮
ひと:東俊裕さん 「障がい者制度改革推進会議」担当室長

雪の影響で19人負傷=転倒相次ぐ-東京(時事通信)
小沢氏「私の立場で対応」 名護新市長と会談、現行案見直し要請受け(産経新聞)
玉みそ 寒風に揺れる「すだれ」…岐阜・関(毎日新聞)
民家で高齢夫婦? 遺体=近くに遺書、自殺か-警視庁(時事通信)
シューズ「激安戦争」 ユニクロvs.他社 質・デザインで火花(産経新聞)

韓流呼び込め、ロケ地に「アイリス」ゲレンデ(読売新聞)

 韓国の人気ドラマ「アイリス」のロケ地となったことを記念して、秋田県仙北市のたざわ湖スキー場で2日、撮影が行われた斜面を「アイリスゲレンデ」と名付け、看板が設置された。

 アイリスゲレンデは、長さ約800メートル、幅約100メートルの緩斜面。主演のイ・ビョンホンさんとキム・テヒさんが一緒に滑るデートシーンの撮影が行われた。

 この日の式典では、アイリスの製作会社のチョン・テウォン社長が「世界から人が来る場所になってほしい」とあいさつ。韓国語と日本語で「アイリスゲレンデ」と書かれた案内板を田沢湖高原リフトの若杉清一社長に手渡した。若杉社長は、「1月の韓国人スキー客は昨年と比べ5倍ぐらい増えた。このゲレンデをPRし、スキー客を呼び込みたい」と話した。

<山田洋次監督>「ベルリン」特別功労賞を受賞(毎日新聞)
「黒い雨」由来の放射性物質、初めて確認(読売新聞)
バレンタインのハート形イカ、ホシエイがパクリ 都内でイベント(産経新聞)
「背中を刺された。息苦しい」…被害者の“声”にも被告は無表情(産経新聞)
広島20件放火1人死亡、47歳男に懲役25年(産経新聞)

<黄砂>飛来情報のHP 環境省が開設(毎日新聞)

  環境省は1日、今年の黄砂飛来情報を知らせるホームページ(HP)を開設した。札幌市から沖縄県国頭村まで国内計12地点と韓国、中国、モンゴルの計5地点の観測データを1時間ごとに更新し、日常生活の中での黄砂予防策などへの活用を呼び掛けている。

 各観測地点の地上から上空1キロまでの平均濃度を円柱で表示。「なし~ごくわずか」から「非常に多い」まで4段階で表し、屋外に干した洗濯物や交通機関への影響の可能性を知らせる。今年から英語版も公開している。ホームページは5月末までの開設。http://soramame.taiki.go.jp/dss/kosa/

【関連ニュース】
花粉:飛散、1週間ほど早く…東・北日本 環境省予測
石綿:埋め立て処分基準を強化へ 環境省、住民の苦情受け
チッソ:社内報の「桎梏」表現で環境省が会長を注意
環境省:毒ガス弾の可能性のある2発を発見 千葉の調査で
水俣病:「桎梏」表現でチッソ会長を注意--環境省

香港に捜査員派遣=銀座・高級時計窃盗で警視庁(時事通信)
小沢氏が差別発言か オバマ政権誕生に「黒人を選んでまで…」(産経新聞)
<押尾学容疑者>女性死亡で無罪主張の方針 弁護人が会見(毎日新聞)
各党代表質問の時間延長=長時間の施政方針受け-衆院(時事通信)
大阪でもホッピー人気に(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。